facebook twitter instagram

籐芸

木製食器について

木製食器について

木製食器には陶磁器または金属やプラスチックなどの食器とは違った特性があります。その為、電子レンジでのご使用、長時間の水の中の浸け置き、過度な力を加えることには適しておりませんが、かといって特別なお手入れや使い方は必要ありません。木製食器は丈夫で、通常通り使用している限り勝手に壊れるようなこともありません。表面は安全無害なウレタン塗装でコーティングされています(製品の一部はミネラルオイル塗装もあります)ので、ご使用後は家庭用洗剤で洗って乾いた布で水気を拭き取り、しっかりと自然乾燥させておくことで、色移りやシミが付いたり、カビが生えたりすることを防止することができます。

お取り扱いについて

永く製品をお使いいただくため以下についてご注意ください。
・製品本来の用途以外には、ご使用にならないでください。
・ご購入後、衛生上必ず洗ってからご使用ください。
・過度な力を加えないでください。割れ、ヒビなど破損の原因になります。
・油分や色味の強い料理をいれたまま放置すると汚れが落ちにくくなります。
・電子レンジ・オーブン・食器乾燥機・食器洗浄機等のご使用はしないでください。
・水やお湯の中に浸け置きしないでください。
・浸け置きすると、塗装の剥離や変形、割れ、ヒビが入る原因になります。
・使用後はなるべく早く洗ってください。
・台所用中性洗剤を使って柔らかいスポンジや布などで洗ってください。
・金属たわし、研磨剤付きスポンジ、クレンザーなどは表面にキズが付き痛みの原因になります。
・直射日光に当てて乾かさないでください。

ウレタン塗装について

木は自然の賜物です。木を人工で作ることは基本的に不可能ですが、いまや計画植林することで木を生活に取り組もうという動きがより活発になっています。木を現代社会の生活に取り組むための技術開発はまさに木に含まれる水との闘いでした。木を生活の道具として使うには木に含まれる水を一定数量までしっかり抜くこと、そして使用に当っては表面から水が深くまで浸透しないようにすることが必要なのです。その面で、適切に乾燥処理された木で造られた木製食器にウレタンコーティングを施すことは、生活に適した性能と安全を兼ね備えた、信頼できる(理に適った)技術と言えます。

塗装の安全基準について

日本では食品衛生法により、有害な物質が溶出して人の健康を損なうおそれのあるような食器具は製造、販売、使用ができないことになっています。当社製品の塗装に使われているウレタンコーティングは食品衛生法による規格基準を順守した安全性が確保されたものです。
詳しくは分析結果をご確認ください
分析試験(ウレタン)
分析試験(オイル)

このページの先頭へ戻る